MENU

⑥MEXC 送金方法 (画像あり 日本語解説)

国内取引所に登録したけどMEXCにどうやって送金するの?間違えたらお金がなくなる?画像付きで徹底解説します。

こんにちは。chickenbadboysです。いよいよMEXCへの送金です。ここが一番難しいです。XRPはBTCよりも手数料が安く送金処理が早いですが、メモを入れ忘れると資産を失います。送金先を間違えたらお金は返ってきません。改ざん不可能なブロックチェーンの良さですが、怖いですよね。私も何度やっても怖いです。しかし、仮想通貨で儲かるよりも大切なことは失くさないことです。この記事では丁寧に解説しているので画像が多いです。しっかり読めば間違うことはありません。ゆっくり進めてみてください。口座をまだ開設していない方はブログのトップページから順番にクリアしてから読んでください。

MEXC、Houbiで区切りながら進めていきますね。

それでは、解説していきますのでよろしくお願いします。

目次

MEXCでXRPアドレスをコピー

まずは「MEXC」からです。

右上で言語を日本語にして、ウォレットにカーソルを合わせます。

「概要」をクリックしてください。

移動したら「少額の資産を非表示にする」からチェックを外してください。

「XRP」で検索して「入金」を選択。

XRPはアドレスだけでなくメモも必要という注意書きを確認してください。

トークンが「XRP」、ネットワークが「XRP」になっているか確認。

入金アドレスの右側のコピーマークをクリックしてアドレスをコピー。

※重要(ここを失敗するとお金を失います。絶対にコピーすること)

Memoは後でコピーします。

Huobiでコピーしたアドレスとメモをペースト(貼り付け)

「Huobi」に移動して、資産管理をクリック。

「XRP」の「出金」をクリック。

出金したい通貨が「XRP:リップル」になっていることを確認。

「アドレスを追加する」をクリック。

「新規登録」をクリック。

「備考」はどこのアドレスなのか分かる名前にしてください。(なんでも大丈夫です)

私は送金先の取引所名(銘柄)にしています。MEXC(XRP)

「リップルのアドレス」にMEXCでコピーしたXRPの入金アドレス」をペーストしてください。

※重要(ここを失敗するとお金を失います)

MEXCに戻ってMemoをコピー

「タグ」にMEXCでコピーしたMemo」をペーストしてください。

2か所にチェックを入れて「追加する」をクリック。

「追加する」をクリック。

アドレス登録は重要なのでセキュリティ認証があります。

「コード入手」をクリックしてSMS、メール、Googleの3つの6桁のコードを60秒以内に入力します。

これ結構時間ギリギリになります笑。間に合わなかったら何度か挑戦してください笑。

さすがセキュリティに強い信頼のあるHuobiです。

即行動して「確認」をクリック。アドレス登録が完了しました。

「戻る」をクリック。

アドレスの空欄の横の矢印をクリックして、先ほどのアドレスを選択します。

宛先タグ(Memo)は先ほど登録したので自動入力されます。

出金先はその他でMEXCと入力してください。

「出金数量」は利用可能の数字をクリックすると全額が自動入力されますが、
必ず少額で送金テストを行って着金を確認してから、大きな額を送金してください。

アドレスやメモを間違えていたら全額失います。送金は2回に分けることを推奨します。
手数料は0.1XRP(約5円)で送金時間も2分なので必ず少額でテスト送金をしましょう。

以上を確認して「出金内容を確認する」をクリック。

送金も重要な作業なのでセキュリティ認証があります。

「コード入手」をクリックしてSMS、メール、Googleの3つの6桁のコードを60秒以内に入力してください。

即行動して「確認」をクリック。

慣れない作業を集中して行うので疲れましたね。

XRPがMEXCに着金するまでにかかる時間は2分です。

「MEXC」に戻ります。XRPが反映されているのを確認してください。

着金が確認されたら先ほどと同じ手順で全額を送金しましょう。

以上でHuobiからMEXCへの送金完了です。お疲れさまでした。

一番難しい所は乗り越えたのでもう大丈夫ですよ。

次の記事でNXDT購入に必要な「BNBの購入方法、送金方法」について解説します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

目次