MENU

③メタマスク登録方法 (画像あり 日本語解説)

メタマスクってなに?NexFiでステーキングしたり、NFTを買う時に必要?画像付きで徹底解説します。

こんにちは。chickenbadboysです。今回は「メタマスク登録方法」について解説します。メタマスクはイーサリアムチェーンやバイナンススマートチェーンのトークンを保管するためのソフトウェアウォレットです。NexFiでNXDTをステーキングするために必須だったり、Openseaに接続してNFTを購入したり、DApps(分散型アプリケーション)やNFTゲームと連携できる汎用性の高さが魅力です。初心者でも理解できるように丁寧に解説していきます。よく読んで進めてください。

それでは、「メタマスクウォレット作成」について解説していきますのでよろしくお願いします。

目次

MetaMaskをChromeにインストール

MetaMaskの公式サイトへいきましょう。

https://metamask.io

メタマスクは偽物があるので、必ず正しいURLからインストールしてください。

上記は公式ですが、私が信頼できなければ信頼できる方から移動してください。

「MetaMask」のサイトに移動します。

英語が苦手な方は右クリックで日本語に翻訳してください。(解説は日本語で進めます)

日本語になったので「Download now」が「ダウンロード中」になってますがクリックするまで何も変わりません。

赤枠のどちらも同じなので、クリックしてください。

「Chrome用のMetaMaskをインストールします」をクリック。

「Chromeに追加」をクリック。

「拡張機能を追加」をクリック。

これでMetaMaskがインストールが完了しました。

パスワードの設定

「開始」をクリック。

初めての方は右側の「ウォレットを作成」をクリック。

「同意します」をクリック。

パスワードを入力(最低8文字)

使用条件にチェックをいれて「作成」をクリック。

右側の注意事項を読んで「次へ」をクリック。

赤枠をクリックするとシークレットリカバリーフレーズが表示されます。

12の単語の羅列を大切に保管してください。

クラウドに保存もハッキングのリスクが0ではありません。

web3時代になんてアナログなと思うかもしれませんがおすすめは「紙に書いて保存」です。

もちろん紛失や盗難、火災のリスクもあるので大切に保管してください。

アカウントを復元させるのに必要ですので、絶対に他人に教えないでください。

親切な人でも聞かれたら詐欺なので完全無視しましょう。

12のシークレットリカバリーフレーズを順番通りに選択してください。

「確認」をクリック。

安全に保管するためのヒントをよく読んで「すべて完了」をクリック。

MetaMaskの設定

Chromeの右上のパズルマークをクリック。

MetaMask右のピンマークをクリックして固定します。

キツネマークをクリックするとMetaMaskが起動します。

アカウント名の変更と秘密鍵を確認しましょう。

Account1の右側にある:をクリック。

「アカウントの詳細」をクリック。

右上のペンマークをクリックするとアカウント名を変更できます。

QRコードしたのアルファベットと数字の羅列が「ウォレットアドレス」です。

「ウォレットアドレス」は知られても問題ないです。

下の「秘密鍵のエクスポート」が重要です。

「秘密鍵」はアカウントにウォレットをインポートするのに必要です。

アカウントに対する全ての権限を持つので誰にも教えないでください。

パスワードを入力して「確認」をクリック。

秘密鍵を確認してメモを取り大切に保管してください。

絶対に他人に教えないでください。

親切な人でも聞かれたら詐欺なので完全無視しましょう。

MetaMaskにETHを送金したい場合はアカウント名をクリックすれば、ウォレットアドレスがコピーされます。

コピーしたアドレスを取引所で送金先アドレスにペーストすればETHを受け取れます。

以上でMetaMaskのインストールと基本設定は終わりです。

次回はメタマスクに「BSCネットワークとNXDTを追加する方法」を解説します。

難しいですが頑張りましょう。新しいものに触れるのは楽しいですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

目次