MENU

④BSCネットワーク、NXDT追加方法 (画像あり 日本語解説)

バイナンススマートチェーンってなに?NXDTがメタマスクにないけど大丈夫?画像付きで徹底解説します。

こんにちは。chickenbadboysです。今回はメタマスクへの「BSCネットワークの追加方法」と「NXDTの追加方法」について解説します。まだメタマスクをインストールしてない方は「メタマスク登録方法」を見て登録してください。仮想通貨のネットワークにはイーサリアムやポリゴン、バイナンススマートチェーン(BSC)など様々な種類があります。NXDTはBSC上のトークンなのでメタマスクにBSCチェーンを追加しないと、NXDTが表示されません。NexFi2.5と2.6もBSCです。今後のNXDプロジェクトのサービスはBSCでリリースされると思うので、必ず追加しましょう。

それでは、「BSCネットワークの追加方法」と「NXDTの追加方法」について解説していきますのでよろしくお願いします。

目次

BSCネットワークの追加方法

手動でBSCネットワークを追加する方法が主流ですが、今後よく使用すると思うのでPancakeSwapで追加しましょう。

まずは「DEXSCAN」というサイトへアクセスしてください。

NXDTの価格や取引量、コントラクトアドレスなどが分かります。

「Trade on PancakeSwap(V2)」をクリックして、「パンケーキスワップ」へ移動します。

PancakeSwapは世界最大規模のDEX(非中央集権取引所)です。

CEX(中央集権取引所)はバイナンスやコインチェックなどの企業が運営する取引所です。

右上の「Connect Wallet」をクリックして、メタマスクとパンケーキスワップを接続します。

ウォレットの種類は「Metamask」を選択します。

パスワードを入力して、「ロック解除」をクリック。

パンケーキスワップはBNB Smart Chain上で動いてるのでイーサリアムやポリゴンチェーンだと接続できないため、BSCネットワークを追加しないと使用できません。「承認」をクリックします。

「ネットワーク切り替える」をクリック。

メタマスクにバイナンススマートチェーン(BSC)が追加されました。

NXDTの追加方法

次にNXDTをメタマスクに表示するために、再度ウォレットに接続します。

右上の「Connect Wallet」をクリックして、メタマスクとパンケーキスワップを接続します。

接続に成功すると右上にウォレットアドレスが表示されます。

現在は何も入っていませんが、保有トークンの枚数も表示されます。

NXDTの横のマークをクリックして、コントラクトアドレスをコピーします。

NXDT「0xadf6d29572Af16dE3C44e6B89D2D8E0380044FA6」

メタマスクで「トークンをインポート」をクリック。

先程コピーしたアドレスを「トークンコントラクトアドレス」にペーストします。

トークンシンボル「NXDT」とトークンの小数桁数「18」は自動入力されます。

「カスタムトークンを追加」をクリック。

「トークンをインポート」をクリック。

無事NXDTを追加できました。

これが基本的なトークン追加の方法ですがもっと簡単な方法もあります。

BNBは追加されているのでドルとペッグしているBSCのステーブルコイン「BUSD」を追加してみましょう。

BNBの横の矢印をクリックします。

沢山のトークンがありますが「BUSD」を選択します。

BUSDの横のメタマスクのアイコンをクリック。

「トークンを追加」をクリックすると追加完了です。

それを先に教えろと思いますが、色んな方法を知っていた方が良いので許してください笑。

新通貨なども出てくると思いますが、追加したければコントラクトアドレスが分かればできます。

「BNB」「NXDT」「BUSD」が表示されていれば大丈夫です。

以上でBSCネットワークとNXDTの追加は終わりです。

NXDTを買うためにはガス代(手数料)としてBNB(バイナンスコイン)が必要です。

海外取引所でしか買えないので海外口座を開設する必要があります。

おすすめはNXDプロジェクトを応援してくれている「MEXC」ですが、
BinanceやBybitでも良いと思います。私のブログではMEXCで解説しますね。

次回は「MEXCの口座開設方法」と「国内取引所HoubiからMEXCへの送金方法」を解説します。

一回のミスでお金を失うので慎重に行いましょう。最初は緊張しますが慣れれば大丈夫ですよ。

送金ができるようになれば仮想通貨投資を楽しめます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

目次